取扱魚種

◆魚の大きさと目方の目安です。
※全ての魚種に当てはまるわけではありません。ご参考程度にご検討ください。

お魚の大きさと目方 20cm 25cm 30cm 35cm 40cm 50cm
目方目安 100g前後 300g前後 1kg前後 3kg前後

プレミアムヤシオマス

ヤシオマス ヤシオマス

 ヤシオマス(八汐鱒)は栃木県水産試験場で開発されたニジマスの改良種です。ニジマスは成熟し一定の年数に達すると、産卵の準備の為に卵巣や精巣が発達しそちらに栄養が回されてしまい、ニジマス本来の良質な味が落ちてしまいます。その為に一定の年数が経過し、大きくなっても卵を持たないように改良されたのがこのヤシオマスです。
 当養鱒場では、河川から水を引き込むことなく男体山の浸透水で養殖されています。さらに厳格に管理された飼料で味も良くなり、程よい脂とあっさりとした口当たりは様々な料理方法とも相性が良いです。
ヤシオマスの名前の由来は、身の色が県花であるヤシオツツジの花の色に似ている事から名付けられました。美しく華やかな肉色は料理映えがし、目でもおいしさを味わうことができます。
市場に出回っている外国産のトラウトサーモンと呼ばれているものは、基本的に海で育てられたニジマスです。養殖方法の違いから、トラウトサーモンに比べると、ヤシオマスは非常に手がかかり高価な魚になりますが味、舌触り、香りなど多くの部分で勝っています。多くの宿泊施設や飲食施設でご愛用頂いている事も、その事を裏付けています。
豚肉や牛肉に国産の高級ブランドがあるように、このヤシオマスも栃木県が誇る国産ブランドなのです。ですが、一般のご家庭でこのヤシオマスをお買い求め頂く手段が限られているのも事実です。当養鱒場では、国産養殖の安心と栃木の誇るヤシオマスを多くの方にお届けするべく、宅急便での発送も行っております。お問合わせお待ちしております。(※1宅急便の際は、代金引きかえでのお取引も可能です。お支払方法はご相談ください。※2宅急便は個人のお客様への配送方法です。販売代行等の業者様は、基本的に当養鱒場まで集荷にお越し頂きますようお願いいたします。)
 当養鱒場で取り扱っているヤシオマスのサイズはおよそ1.8kg〜3kgとなっております。お買い求めの際にご予算、ご利用方法やサイズをご指定いただければご相談に応じます。

イワナ

イワナ ヤシオマス

 イワナ(岩魚)は日本の渓流魚の代表です。警戒心がとても強く養殖の難しい魚でしたが、近年の技術の進歩から現在は多くの地域で養殖されています。淡白で締まった身はお刺身、塩焼き、炊き込みご飯や骨酒など様々な料理方法で食べられています。
 当養鱒場では一年を通じて水温の安定した男体山の浸透水でイワナを養殖しています。冷水を好むイワナにとっては最適の生育環境ではないでしょうか。時期によっては1kg近い大きさのものまで取り扱っています。ニジマス等と同じく、お問い合わせの際は大きさをご一緒にお申し付けください。
 当養鱒場では、日光そば祭りなどの市内各種イベントでイワナの塩焼きをお求めやすい価格でご提供もしております。

ニジマス

ニジマス

 ニジマスは国内で養殖されている淡水魚の代表です。身は淡白で素材本来の味を楽しむ調理方法から、フレンチ等の創作料理まで幅広く利用されています。清滝養鱒場では古くからニジマスを養殖しており、多くのお客様にご愛好頂いております。
ニジマスの養殖に使う水は、一年を通じて水温の安定した男体山の浸透水を利用しています。その為、寒さの厳しい日光にありながらも一年を通じて良質なニジマスを生産することができます。
ニジマスはDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコタペンタエン酸)、カルシウム、鉄分、タウリン、ビタミンA、ビタミンB等の栄養素がバランスよく含まれていて、成人病予防やダイエットにも良い健康食品なのです。
 当養鱒場でお取り扱いしているニジマスは、用途に応じて約80g〜250gの間でご用意いたします。
ニジマスの淡白で癖のないその身は、塩焼きやムニエル、甘露煮など多くの調理方法があります。
 当養鱒場では、お客様のご希望のサイズをご用意いたします。調理法をお伝えいただければ、おおよそのサイズのご相談も承ります。

アユ

 イワナと共に渓流魚の代表格と言えるのがアユです。アユは定番の塩焼きから鮎飯など和食のみならず、様々な西洋料理にも使われています。
 当養鱒場では100g前後のアユを販売しております。12匹、もしくは13匹単位での冷凍販売となりますのでお問い合わせの際にお申し付けください。

コイ

 コイは古くからあらいや旨煮などで親しまれてきた魚です。
本来ならば独特の臭みを持つ魚ですが、男体山の清らかな浸透水で育ったコイは臭みも少なく、お取引先からはご愛好頂いております。アラや鱗まで料理に使うことができ、コイのあらいは酢味噌や梅醤油などで食されます。淡白な味と特徴のある触感をご賞味ください。
 コイをお求めの際は、調理方法等により必要な匹数も変わってきますので、できるだけ詳細な利用方法をお伝えくださいますようお願いいたします。必要な部位、不要な部位もお伝えください。配達の際は基本的に活魚での配達となりますのでご注意ください。